外れた細木数子の占い

外れた細木数子の占い
2006年1月に細木数子はその年のペナントレースを予想。セ・リーグについて「中日(の優勝)はないね」と占ったが、中日がリーグ優勝した。

2006年2月、ドン小西に「へその上に手遅れに近い癌がある」と占ったが、本人が番組収録後に病院で血液検査を受けたところ、癌の疑いは見られなかった。同月、細川茂樹に「腹に命に関わるデキモノができている。収録が終わったらすぐに病院へ行きなさい」と発言したが、3つの病院で検査しても何も見つからなかった。
細川直美・セイン・カミュ・出川哲朗・渡辺満里奈・だいたひかる・神田うのなど、結婚出来ないと占われたが実際には結婚出来た芸能人が数多く存在する。
黒川紀章・若尾文子夫婦の結婚当初、「すぐ離婚する」と占ったが、黒川紀章が亡くなるまで離婚することはなかった。

モンキッキーを旧芸名の「おさる」から現芸名へ改名することで「人気が出て1、2年で冠番組が持てる」と占ったが、改名を行った2004年から2007年にかけた現在でも冠番組は持てていない。
“家庭をよくしたい”と相談して来た「コアラ」を「ハッピハッピー。」に改名させるも、妻である三原じゅん子と2007年に離婚した。三原じゅん子は、離婚前に細木数子の番組にゲスト出演し、ハッピハッピー。との離婚の件を相談、「離婚すべき」との助言を細木から受ける。なお三原じゅん子は離婚を決断した要因に細木数子の後押しがあったと発言している。

2007年の千代大海を、「正月場所(初場所)はだめだ。でも3月場所で活躍するよ。」と占ったが、初場所は10勝5敗・3月場所は7勝8敗という結果となり、しかもその後再び細木数子と共演した際には千代大海に、「3月場所は『予言通り』だめだったね。」と発言した。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。