細木数子の的中しなかった占い

細木数子の的中しなかった占い
昭和64年に株が大暴落すると占ったが、昭和64年はわずか7日しかなく、その期間に大きな値動きは起きていない。また同年(1989年)の大納会で日経平均は史上最高値をつけている(現在もこの高値は破られていない)。

2004年にジーコ監督解任、新庄剛志引退。

2005年7月に行われた川嶋勝重対徳山昌守のタイトルマッチの勝者を川嶋と占ったが、徳山が勝利した。

2006年1月1日にテレビ朝日で放送された『細木数子が緊急大予言・アナタの将来を幸せにするSP』で堀江貴文ライブドア社長(当時)と競演した際、ライブドアの株価について「これから5倍に上がる」と予言し、「あんたの背中には龍が憑いている」と堀江貴文のパイオニア精神を賞賛した(人間性については批判している)。また、『女性関係に気を付けないとスッテンテンになる』と助言した。放送から1ヶ月足らず後に堀江貴文は逮捕され、ライブドア株の株価は10分の1になった末に上場廃止となった。

また、ライブドア・ショックの際に細木数子の予測でライブドア株を購入したと発言した人もおり、「風説の流布」に当たるのではないか?との指摘があった。

内閣が第89代小泉純一郎内閣から次期内閣へと移る際、武部勤が次期内閣総理大臣になると2度に渡って細木数子は占ったが、実際には武部は立候補せず、安倍晋三が第90代内閣総理大臣となった。安倍晋三の総理就任後に収録された『幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜』では「安倍晋三さんは種子だから運気がいい」と発言したが、安倍晋三内閣は支持率を落とし、わずか1年で退陣することとなった。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。