細木数子が人気占い師に 

細木数子(ほそき かずこ、1938年4月4日 - )は日本の作家・タレント・占術家。テレビ出演の際の肩書きは心照学研究家・人間学研究家などと称する場合もある。下記のようにかつては実業家でもあった。東京都渋谷区出身。東京成徳高等学校中退。寅年、八白土星、牡羊座、B型。

戦災で父を亡くす。宝塚歌劇団に合格。17歳でコーヒー店で働き、20歳で銀座にクラブを開くなど、若い頃から飲食店の仕事を行ってきた。21歳の時に結婚し、主婦業の傍ら子ども洋服店を開店した。その後間もなく離婚。

1971年には不動産詐欺の被害に遭い、10億近くの借金を抱えたが、赤坂のクラブの経営が成功し、1975年には借金返済に目途をつけ、ディスコ「マンハッタン」を経営し大きな収入を得た。

1977年には、借金の連帯保証人になったために数億もの借金を抱えてしまった人気歌手島倉千代子の後見人となり、島倉の個人事務所も設立した。このことを、"3年間で借金完済させた"、"島倉の命の恩人"と、自らマスコミに語り話題となる。

1982年に、独自の研究で編み出したとされる“六星占術”という占いに関する本を出版。1985年に出した『運命を読む六星占術入門』がベストセラーとなり、以降、「六星占術」に関する著作を次々に発表]、「六星占術」ブームを巻き起こし、人気占い師となる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。